読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meshi

簡単なものしか作らないごはん日記です。

ちくわのチャーハン。

レシピ

f:id:evolymyllas:20170105211356j:plain:w400

思いつきで作ったらおいしかったのでメモ。茅乃舎のだしパックが最高。

  • 材料(2人分)
    • ごはん(お茶碗2杯分。温かいもの)
    • 卵(1個)
    • ちくわ(2本)
    • ねぎ(適量)
    • 茅乃舎のだしパック(1袋)
    • 塩(少々)
    • サラダ油(適量)
  • 作り方
    • ごはん、卵、だしパックの中身をボウルに入れよく混ぜる
    • ちくわは縦半分に切り、食べやすい大きさに切る
    • ねぎは小口切りにする
    • フライパンでサラダ油を熱し、ちくわを焦げ目が付く程度に炒める
    • ボウルの中のごはんをフライパンに加え、切るように混ぜてぱらぱら感を出す
    • ねぎを加えて全体を混ぜてなじませ、塩で味を調えて完成

無印のキットでパッタイ。

f:id:evolymyllas:20161126181747j:plain:w400

大好きだったタイ料理屋さん(パッタイがすごくおいしかった)が閉店してしまい悲しみに暮れていたところ、無印の「手づくりキット」にパッタイがあることを思い出して作ってみました。


手づくりキット パッタイ(タイ焼きそば) 205g(2~3人前) | 無印良品ネットストア


キットには麺と味付け用のソースが入っているので、具材だけ用意。今回は袋に書いてある通りに豚肉、エビ、にら、もやし、厚揚げ、卵を入れました。少しでもお店の感じに近づけたくて「スクランブルエッグは半熟じゃなくてしっかり火を通したほうがいいな」とか意識してみた。簡単に作れるし、甘めの味付けで食べやすい感じだった。砕いたピーナッツとか入れるともっと本格的になりそう。

大原千鶴さんのレシピで肉じゃが。

作り置き

f:id:evolymyllas:20161114173707j:plain:w400

「肉じゃが」というと家によっていろいろなタイプがある(そもそも牛肉か豚肉かみたいな話もあるし)と思うけど、自分の実家の肉じゃがは汁気がなくてほくっとしているタイプ。具材もシンプルで、牛肉(関西なので)、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんの他に、糸こんにゃくが入っているか入っていないか、という感じ。


実家を離れてから肉じゃがを食べる機会がめっきり減ったけど、大原千鶴さんのレシピ本を開いたらすごく馴染みのある感じの肉じゃがレシピが載っていたので、作ってみました。だしは使わずに野菜の水分だけで“ころっと”炊くレシピで、本によるとこういうタイプの肉じゃがは京都の舞鶴が発祥とのこと。まさに自分がイメージする肉じゃがの味で満足したので、近々また作りたい。

わたしの十八番レシピ帖[定番もの]

わたしの十八番レシピ帖[定番もの]

ブロッコリーとツナのさっと煮、ポークケチャップ、大根の塩そぼろ煮。

作り置き

冷蔵庫に残ってるしょうがを使いたくて作った3品。ブロッコリーとツナのさっと煮はめんつゆで味付けするんだけど、レシピは濃縮3倍タイプを使ってて家にあるのが2倍タイプだったのでちょっと多めに入れたら結構辛くなった。ごはんには合うので佃煮みたいな感覚でちょっとずつ食べてる。


ポークケチャップ、ハインツのケチャップで作ったらすごいまろやかな感じになった。大根の塩そぼろ煮は大根をレンジで下ゆでするレシピなんだけど、どうしても熱の通り具合にムラが出るのが気になる。味はおいしい。

かぼちゃの炊いたん、牛れんこん炒め、ほうれん草のナムル。

作り置き

牛肉おいしいよなァという気持ちでまたこま切れを買ってきて、今度はれんこんと炒めました。5日持つおかずだけど2日で全部食べてしまった。


かぼちゃは砂糖を入れずに塩とみりんだけで煮るレシピ。今度は砂糖入れるのも作ってみたい。ほうれん草とかもやしのナムルは大好きなんだけど、日持ちしないのだけがネック。

牛肉と玉ねぎのマリネ、ポテトのリヨネーズ風、にんじんのごま和え、きゅうりの酢じょうゆ漬け。

作り置き

めずらしく牛肉を使ったらおいしくてびっくりした!!!(豚とか鶏もおいしいけど)牛肉は炒めて、玉ねぎは生のままで一緒にタレに漬け込むレシピ。あっさりした焼肉みたいな味がしておいしい。元レシピでは牛肉切り落としだったのをこま切れで作ったけど十分おいしかった。


ポテトのリヨネーズ風は、じゃがいもをにんにくで炒めた感じのものが食べたくて、あるもので適当に作った。(マヨネーズでじゃがいもとたまねぎとフライドガーリックを一緒に炒めただけ)緑色のものがなかったので、きゅうりの酢じょうゆ漬けも追加で。

豚肉とれんこんの炒め煮、ピーマンとじゃこ炒め、にんじんグラッセ。

作り置き

豚肉とれんこんの炒め煮は栗原はるみさんのレシピです。どう考えてもおいしいやつ。れんこんを厚さ3cmに切るって書いてあって「分厚くない??」って思ったけど、確かにこれは厚みとしゃきしゃき感があってこそ、という感じ。味付けが濃いっていうレビューが多かったけど、作り置くことを考えるとレシピ通りでちょうどよかった。


ピーマンとじゃこ炒めはしょっちゅう作ってる。これも作ってると部屋が実家のにおいになる系。にんじんグラッセは面取りが若干面倒だけど、あとは鍋にかけて汁気なくなるまで放っておけばいいので簡単。